3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

有馬記念2018 今年の有馬記念は馬場が渋れば1番人気が飛んで大荒れの可能性も!過去馬場が渋った有馬記念は…

着々と有馬記念が近づいてきていますね!

木曜日の枠順抽選会が楽しみでしょうがないです(^^♪

私は有馬記念当日は中山まで行けないので中京競馬場で馬券を買って楽しもうと思っています♪

ただ、今年の有馬記念の日はどうも前日から天気が怪しげ…

絶好のコンディションで外で絶叫したいのもそうですが、なにより馬場が渋ったら予想も変わりますよね(;'∀')

ということで過去馬場が渋った有馬記念の傾向を探っていこうと思います!

 

 


競馬ランキング

     f:id:h19881863:20181210213803p:plain

 

 

 

馬場が渋った有馬記念を平成になって以降(1989~)で検索してみた結果…

 

 

 

 

該当したのはなんと2件(゚д゚)!

シンボリクリスエスが勝った2002年とマツリダゴッホが勝った2007年のみでした。

そして2年とも稍重でのレースでした。

つまりそれ以外は良馬場で行われたということ。

 

 

たしかにこの時期雪はあっても雨は少ないですもんね。

でも何気にすごいですよね…

 

 

 

でも今年はもしかしたら平成になってから3回目の稍重でのレースになるかもしれません。平成の最後の有馬記念なのに…

 

 

 

とりあえずどちらもサクッとレース回顧してみましょう。

まずは2002年


2002 有馬記念

 

勝ったのは2番人気の①シンボリクリスエス

2着は13番人気の⑧タップダンスシチー

3着は8番人気の②コイントス

 

タップダンスシチーが逃げ粘るところをシンボリクリスエスが差し切って優勝。

ちなみにこの時の1番人気は新馬戦から秋華賞エリザベス女王杯まで全勝で有馬記念に臨んできたファインモーション

果敢に先行しましたが見せ場もなく沈んでしまいました。

勝ったシンボリクリスエスも3歳ながらその秋は神戸新聞杯天皇賞秋と連勝し、JC3着からの参戦での勝利でした。

 

 

 

 

次は2007年


2007 有馬記念

 

 

優勝は9番人気の③マツリダゴッホ

2着に5番人気の⑦ダイワスカーレット

3着に6番人気の④ダイワメジャー

 

優勝したマツリダゴッホは前走の天皇賞秋で大敗しながらも得意の中山で巻き返しました。

ダイワスカーレットは3歳ながらエリザベス女王杯1着からの参戦で見事に2着。

3着のダイワメジャーに至ってはマイルCS1着からの参戦で3着と健闘しました。

ちなみにこの年の1番人気はメイショウサムソンでした。メイショウサムソン天皇賞秋1着、JC3着からの参戦で1番人気に推されるのも納得ですが結果は惨敗。

メイショウサムソンに関しては次の年の有馬記念も負けているのでなんとも言えませんが、若駒のころに比べて後年は先行というより差し馬の位置で競馬することが多く中山コースが合わなくなったという可能性はあります。

 

 

 

 

 

2002、2007年ともに稍重で1番人気が負けているのは気になりますよね。

そして2年に通じることは2年とも4角で5番手以内もしくは内側を通ってロスなく回ってきた馬が馬券になっているということ。

そして枠番も見事に内枠の馬しか馬券になっていません。

 

 

今年はレイデオロが1番人気になることはまず間違いないと思います。

レイデオロは先行しても差しても競馬ができますし、ルメール騎手もペースを読むのは得意なので基本的に前目につけると予想されます。

あとは枠番が内側であれば鬼に金棒状態だとは思いますが、この2年のデータをたまたまととるか、思い切って1番人気を切ってみるかは考えものです…

 

 

 

平成最後の有馬記念

例年通り世相馬券も話題になっていますが、平成最後の有馬記念は衝撃の結果になるかもしれません…

 

 

 

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }