3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

有馬記念 2018 出走有力馬紹介 ブラストワンピース

さあ有馬記念の出走有力馬紹介も第5弾です!ありがたいことに記事の閲覧数もかなり上がっており、皆さんが楽しみにしているのがすごい分かります(^^♪

予想から楽しんでいきましょう!    

 

 

      f:id:h19881863:20181210213803p:plain

 

 

 

 

 

 

ブラストワンピース  牡3

6戦4勝

主な勝ち鞍 毎日杯新潟記念

想定騎手 池添

 

 

 

 

現3歳世代の大将格が有馬記念に参戦してきました。

大将格といってもまだGIでは4着が最高ですが、菊花賞、ダービーともに展開や直線の不利があっての敗戦で完全な力負けではないことは誰が見てもあきらか。

前走の菊花賞にいたっては最後の4角までペースが上がらず「史上最低の菊花賞」なんて揶揄されましたが、ブラストワンピースもその展開に泣き最後脚を使うも4着という結果に。この結果は度外視でいいでしょう。

 

 

毎日杯新潟記念の勝ち方からわかるようにスケールは大きく、まだまだ強くなりそうなブラストワンピース。

デビューから手綱を取り続ける池添騎手が騎乗できるのも心強いですね。

有馬記念は3歳馬自体の好走率が高く、さらに菊花賞から参戦してきた馬の好走率は高い傾向にあります。

負担重量55㌔も魅力の一つですね!

 

 

 

懸念材料としてはこの馬まだ広いコースしか走ったことがなく、中山コースのような急なコーナーをこなせるかが焦点になりそう。

坂自体は毎日杯の勝ち方を見る限り大丈夫そうですが、あとは池添騎手がどう乗りこなすかにかかっていそうです。

 

 

 

池添騎手といえばドリームジャーニーオルフェーヴルとまくって勝ちにいくというイメージが強烈ですが、ブラストワンピースに関してはしっかり先行して抜け出してもらいたいと思います。

一部報道では来年から外国人騎手に乗り替わりなのでは?という話もあるようなのでここで良い結果を残そうと池添騎手も奮起するでしょう。

活躍に期待します!

 

 

 

 

 

参考レースは前走の菊花賞


2018 菊花賞

 

 

 

 その他の出走有力馬紹介はこちら(^^♪

 

 

 

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }