3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

有馬記念 2018 出走有力馬紹介 キセキ

有馬記念2018 出走有力馬紹介の第2弾です!

 

 

f:id:h19881863:20181210213803p:plain

 

 

 

キセキ

14戦4勝

主な勝鞍 菊花賞

想定騎手 川田

 

 

今秋に入って脚質転換し、完全に復調した気配のキセキ。

昨年菊花賞を制して以降香港、日経賞宝塚記念と惨敗してきましたが、川田騎手の積極策によって復活。

今秋初戦の毎日王冠こそ先行して粘りこむ形での3着だったものの、天皇賞秋の3着、JCでの2着は勝ち馬が強かっただけで例年ならば勝っていてもおかしくなかった走りでした。

 

 

 

特に前走のJCではアーモンドアイにこそ差し切られてしまいましたが、後続は引き離しており逃げの戦法がかなりハマっているようです。

天皇賞秋、JCともに1000m過ぎからラップをあげていく後続に脚を使わせる逃げはかなり強力で有馬記念が行われる中山2500でその競馬をされたら他の馬はかなり苦しい展開になるでしょう。

あわやの逃げ切りも期待できそうです。

 

 

 

唯一心配なのがこの秋4戦目での参戦で、しかも前走が世界レコードの1戦だったということ。

陣営は疲れがなさそうだったから出走を決めたとコメントしていましたが、多少の見えない疲れがあってもおかしくはなく、また前走の反動で馬に負担がかかっていてもおかしくはないです。

せっかく復調したのでまずは無事に走って来年以降も活躍を期待したいですね。

 

 

 

今回はこの秋の走りを見て目標にもされるでしょうからさらに厳しい戦いになるかもしれませんが、それでも血統的にも脚質的にも注目の1頭。

あわやあわやの逃げ切りも夢ではないでしょう。

 

 

参考レースは前走のJC


2018 ジャパンカップ

 

 

他の出走有力馬紹介はこちらからどうぞ(^^♪

 

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }