3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

馬券を当てて勝ちたいなら勝ち馬を予想すること!

 

今回は馬券で収支をプラスにしたい方のための記事です。

競馬始めたばかりでなかなか馬券が当たらない方や最近馬券の調子が悪い方などは必見です!

 

 

今回書く内容は当たり前のことばかりでてきます。

ですが、馬券で当たらない、勝てない方はその「当たり前」ができていなかったり忘れてしまっていたりすることが多いです。

今回の記事を読んで今一度初心に返って見つめなおしましょう。

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

 

 

競馬の基本は1着馬を当てること

タイトルにもあるようにこれが基本であり、答えでもあります。

あなたは普段どのような馬券を買っていますか?

 

 

単勝複勝馬連など馬券にはさまざまな種類があります。

人によって買い方はいろいろだと思いますが、どの馬券種を買おうとも予想の基本は同じ。

「1着になりそうな馬を予想する」

まずはここの予想からです。

 

 

 

主に複勝系の馬券を買っている方に多いのが、「この馬は3着以内には来そうだな~」とか「人気ないけど、もし逃げたら3着には残りそうだな~」。

こういう発言をしている方をよく目にします。

 

 

 

もちろんそれで結果を残せているならばそのスタイルを貫けばよいと思います。

 

 

 

でもそうではないですよね?

 

 

 

そのような考え方をするがためにいざ勝負したときに限って軸馬が4着だったとか悲惨なことになるんです。

ギャンブルに「たられば」は禁句ですが、予想する際にはできるだけそのたらればを少なくなるような予想をしていきましょう。

 

 

 

これも考え方は人次第ですが、基本は単勝系の馬券で勝てるような予想をすること。

複勝系の馬券は「保険」のようなものだと思った方がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ3着以内に入りそう~という考え方で予想してしまうのか

ではなぜ1着馬の予想を通り越して3着以内に入りそうという視点で予想してしまうのでしょうか?

それは「とにかく当てたい」、「単勝系だと人気馬が勝ちそうだからつまらない、配当が少なそう→人気薄を軸にして大きい配当を取りたい」、「人気馬の単勝で勝負するよりも少し人気のない馬の複勝で勝負する方が確実じゃね?」とまあ主にはこんな考え方が多いかと思います。

 

 

 

正直私も一時期はこういう考えかたをしていたので気持ちは痛いほど分かります。

私は基本的に複勝ドカンタイプでしたが、やはりその賭け方だと当たればでかいですが、ずっとやっていくとマイナスになっていくんですよね…

 

 

 

先にも書いたように勝負したときに限ってハナ差4着、頭差4着なんて日にはメンタル崩壊ですよね…

 

 

 

3着以内に入ることを予想するのは一見簡単そうに思えますが、人気薄の馬を軸にしようと考えたうえで3着以内に入りそうな馬を探すのは至難の業です。

なぜなら人気薄の馬の多くの場合はそのクラスでは力や経験が足りない場合が多いからです。

なのでそもそも普通に競走したのでは人気している馬に負けてしまうのは当然のことなのです。そこを無理やり頭の中で処理して予想していくから「たられば」が勝手に自分の頭の中で都合よく考えられて結局負けてしまうのです。

 

 

 

もちろん実力はあるのに人気がない盲点の馬もいます。

それを見極めたうえで買えるなら問題ないですが、それでもその馬が1着になれそうかどうかは予想をする上で重要なことです。

 

 






競馬では基本的には人気に逆らえない

最後に予想のヒントになることを書いて終わりにしたいと思います。

競馬でも競艇でもかならずオッズというものがあります。

これは知っての通り能力を表すものではなく「大衆がどの馬をどれくらい買っているかの指標」つまり人気ですね。

だから基本的には人気だからって強いとは限らないんですよね。

 

 

 

でも毎年1番人気の勝率、複勝率がどれくらいかご存知ですか?

だいたい毎年1番人気の勝率は30%くらい、複勝率は65%くらいで落ち着きます。

そして人気が下がるほど順に勝率、複勝率も下がっていきます。

これは毎年同じ傾向です。

 

 

 

不思議だと思いませんか?

能力とオッズは別物のはずなのにやっぱり1番人気が1番勝つし、1番馬券になっているんです。

 

 

 

ということは基本的に人気に逆らわなければ馬券は当たりやすくなるということ。

そのことを頭の中に入れたうえで予想するのとしないのとでは全く違った予想になるでしょう。

 

 

 


競馬ランキング

 

 

span.author.vcard { display: none; }