3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 中日新聞杯 予想    混戦模様も軸馬は逃げるあの馬で決まり!

今日は中京で中日新聞杯が行われますね!

ハンデ戦ともあって人気も割れていますが、昨年の勝ち馬も参戦して面白そうな1戦になりそうです(^^♪

 

 

 

過去の傾向に関してはこちらの記事をご覧ください↓↓

www.3f-keiba.net

 

 

 

今年の中日新聞杯は14頭立てとなりましたが、各脚質に有力馬が揃っており展開次第で毎回勝ち馬が変わりそうなメンバーに。

中京の芝2000自体は圧倒的に先行馬有利なコースなのですが、毎年この重賞では差し馬の活躍が目立っています。

今年はどのような結果になるのか…

 

 

 

 

私の印は以下の通り

 

 

 

◎⑭マイスタイル

〇⑪メートルダール

▲①エンジニア

▲④エテルナミノル

 

 

 

 

 

本命は⑭マイスタイルに。

前走は先行したこの馬にはかなり厳しい流れになりましたが、粘って好走しました。

今回はおそらくこの馬が逃げそうで競りかけてきそうな馬もいないので前走より楽に逃げれるのではないでしょうか。

大外枠ですが、このコースでは枠の差はあまり関係ないので大丈夫でしょう。

連軸には最適な1頭だと思います。

 

 

 

 

対抗はメートルダール。

昨年の勝ち馬で前走も休み明けながら2着と好走しました。

この馬は休み明けの方が成績がよく、左回りも得意としているところなので今年も期待できるのではないでしょうか。

福永騎手が継続して騎乗できるのも好材料です。

 

 

 

 

 

エンジニアは前走、前々走と先行してまあまあの競馬。

この馬も左回りの方が成績がよく、先行力は評価できます。この枠なら先行していくでしょうし、マイスタイルが本命な以上先行しそうなこの馬は抑えておくべきでしょう。

頭は厳しくても2、3着なら十分ありえます。

 

 

 

 

テルナミノルに関しては近走成績を残せていませんが、走り自体は悪くないので悲観することはないでしょう。

四位騎手が騎乗できるのもいいですし、この枠なら強気に先行してもらいたいところ。

人気は落ちていますが、GⅢならまだまだ通用するはずです。

 

 

 

 

 

人気のグレイル、ドレッドノータスに関しては騎手が変わったのが減点評価です。

ギベオンに関しては過去の傾向の記事でも書きましたが今まで戦ってきた馬たちのレベルが少し低いのでこれだけ人気するならなおさら買えないかなと。

 

 

 

 

 

馬券は

馬連・ワイド ⑭-①④⑪

3連単 ⑭→⑪→①④

 

 

 

 

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }