3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 カペラS  過去傾向など

最近いきなり寒くなってきてやっと12月だなーと感じる気候になってきましたね!

有馬記念までもう少し!私は今から楽しみでしょうがないです(^^♪

 

 

さて今回は今週の日曜日に開催されるカペラsの過去の傾向などを紹介して最後にそれをもとに推奨馬を紹介していきます♪

日曜日にはGIの阪神JFが行われますがそちらは2歳牝馬の戦いということでなかなか難解な1戦になりそうのでカペラSの方でしっかり当てていきたいですね!

 

 

 

 

 

早速ですがまずはこのレースの過去10年のデータをもとに解析していきます。

 

 

年齢

年齢別では4~6歳の成績が良く、3歳馬は7頭出走して1-0-0-6とわずか1勝のみ。

7歳以上も0-0-1-31となかなか厳しいデータとなっております。

今年は1、2番人気が予想オッズでは3歳のコパノキッキングと8歳のキタサンミカヅキとなっているようなのでこのデータからいくと波乱もありえそうです。

 

 

 

 

 

枠番はバラツキがありますが、そこまで差はないようです。

 

 

 

 

脚質

過去10年で逃げは2-0-0-8と意外にもあまりよろしくはないよう。

先行 1-2-2-32

差し 4-5-5-47

追い 3-3-3-40

こんな感じでこのコースのイメージ的には前に行った馬が残りそうな感じですが、この重賞に限ってはむしろ後ろから行く馬たちの方が好走しているようです。

 

 

 

 

 

人気

人気でも1番人気が0-1-1-8と過去10年で1度も勝っていません。

好走歴で言うと2~8番人気までに集中しているのでその辺りを狙っていくのがいいかと思われます。

今の感じのままだとおそらく1番人気はコパノキッキングでしょうからこれまた不安なデータがでてきました。

 

 

 

 

 

 

前走距離

これがすごい面白いデータなんですが、前走距離でみると

1000~1300 1-4-3-73

1400~1600 9-6-7-52

こんな感じで今回距離短縮になる馬たちが圧倒的に好成績を残しています。

 

人気の馬たちに前走1200組が多いので今回はデータだけでいうと波乱必至ですね(^^♪

 

 

 

 

 

推奨馬

 

オウケンビリーヴ

近走地方重賞を使われて好走してきたこの馬。意外にも中山ダ1200は初となるが、先に書いたデータ的には一番合致しているのがこの馬。

今回休み明けの1戦になるが、この馬はなにより休み明けの成績がよく人気もさほど上位にはならないと思うので積極的に狙っていきたいところ。

 

 

 

 

ダノングッド

春の京葉Sではこの条件で豪快に差し切っての勝利で、今回も距離短縮からのローテで好感がもてる。

近走成績が冴えないが、展開と騎手の仕掛け次第でチャンスはあると見た。

 

 

 

 

 

ハットラブ

この条件では4-0-0-1と得意な条件での戦いになる。

基本的には後ろから行くでこの成績は能力が高い証拠。鞍上も名手なので仕掛け遅れの心配は皆無でしょう。

オウケンビリーヴとどっちかが本命でいきたい。

 

 

 

 

人気各馬にはデータ面からは推せる材料に乏しく、今回は荒れるのではないかと予想。

楽しみです(^^♪

 

 

 

 

 


競馬ランキング

 

span.author.vcard { display: none; }