3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 チャンピオンズカップ 出走各馬の講評

今週のメインはチャンピオンズカップですね!

出走馬、枠番も確定し予想にも力が入ります(^^♪

 

 

 

 

そこで今回は出走各馬の講評をしていきます!

枠番順でいきます♪

 

 

 

1-① アンジュデジー

前走のJBCレディスクラシックでは直線でラビットランに一旦は差されるもそこから勝負根性で巻き返しての優勝。

鞍上の横山典弘騎手が喜び爆発だったようにかなり好内容での勝利でした。

ここまでダートでは安定して好走していますが、唯一懸念材料をあげるとすればここまでほとんど牝馬限定のレースしか使ってきていないということ。

引き続き横山典弘騎手騎乗で1枠1番をどう乗るのか注目。

 

 

 

 

2-② ルヴァンスレーヴ

今回の1番の注目馬ですね。

前走の南部杯では初の古馬との対戦、昨年のチャンピオンズカップ覇者ゴールドドリームとの対戦ながら余裕の勝ちっぷりでした。

今年は3歳馬の強さが際立っているのでこの流れも味方にここも突き抜けるか。

予想オッズでは断然の1番人気で1倍台となっているが、不安材料を挙げるとするならば前走負かしたゴールドドリームは昨年も南部杯は負けており、その他の古馬も力的に落ちるか、舞台が合っていないノンコノユメなどであり、仮に前走が東京ダート1600であればまた違った結果だったかもしれない。

まあ重箱の隅をつつくレベルの材料だが…

 

 

 

 

2-③ パヴェル

久々にチャンピオンズカップに米馬がやってきた。

戦績も素晴らしいとはいえないが、ドバイワールドカップで4着の実力馬。

ただ米、ドバイと日本では馬場が全然違うためここは大雨でも降らない限り厳しそうだ。

 

 

 

 

3-④ アポロケンタッキー

まさかの連闘策での出走。

騎手が小牧騎手になり、この枠もあって先行宣言が飛び出している。

今年もそこそこ安定して走っており、このコースもあっていると思うので穴的には面白そう。

全く人気がなければ狙える。

 

 

 

 

 

3-⑤ ノンコノユメ

前走のJBCクラシックは道中で置かれるも最後は盛り返して4着。

どうしても後方からのレースだと展開に左右される面が否めないが、まだまだ末脚は健在。今年のフェブラリーSも制覇しており勝てば最優秀ダート馬の称号も近づく。

今回は中団から後方で進めたい馬が多いのでその辺りが懸念材料。

この枠でさらにうまく捌いてどこまでこれるのか。

 

 

 

 

4-⑥ アスカノロマン

2016年の3着馬だが、近走は全盛期の力が潜んでしまっている。

最近では先行すらできておらずメンバーがそろった今回は少し厳しいか…

 

 

 

 

4-⑦ サンライズノヴァ

前走はすごい末脚で差し切っての優勝。

近走はマイルくらいの距離を使われることが多いが、若いころは1800も走り好走しているので距離自体は問題なさそう。

あとは展開と乗り方次第。

これは完全に個人的意見だが、戸崎騎手は追える騎手だけどコース選択、レース展開の読みが少し弱い。

故に重賞では先行馬では信頼できるも差し追い馬ではたいがい大外ぶん回し。その辺りが不安でしょうがない…

 

 

 

 

 

5-⑧ ケイティブレイブ

前走では悲願の中央GI制覇となった。

脚質にも幅がでた今、不安は中京ダートの坂だけ。

昨年も絶好のレース展開から伸びきれずだっただけに今回どう乗るのか注目。

思い切って逃げたら面白い。

 

 

 

 

 

5-⑨ サンライズソア

前走は逃げて絶好のペースを作るも3着。

今回は鞍上がモレイラ騎手に変わるが、逃げるかどうかは他の馬次第か。

前走を見る限りまだGIを勝つほどの実力にはなさそう。

 

 

 

 

6-⑩ センチュリオン

長期休養明けから調子を上げてきているように思うが、ここは少し厳しいか。

好走するなら雨が降って馬場が重くなればチャンスはありそうだが…

 

 

 

6-⑪ オメガパフューム

いまだにダートでは底を見せていない1頭。

前走も3角あたりからかなり手ごたえ怪しかったもののしっかり伸びてきて2着。

ルヴァンスレーヴには負けているが、今回もいい勝負になりそう。

鞍上がC.デムーロ騎手なので仕掛けどころさえ間違わなければ好走してくるはず。

 

 

 

 

7-⑫ ウェスタールンド

前走では不利があって直線でも詰まってしまったため着外に敗れてしまったが、まだまだ見限れない1頭。

今回の最大の惑星。

現状後ろからしか競馬ができていないのが懸念点。

 

 

 

 

7-⑬ ミツバ

今年の成績も悪くないが、GIになると一枚落ちる。

騎手がうまくのってどこまで。

 

 

 

8-⑭ ヒラボクラターシュ

前走でOPを勝利しているのは強み。

若干ムラがあるものの先行できるのは魅力で、今回は人気もなさそうなだけに面白そう。

この馬も3歳だけに穴として期待したい。

 

 

 

8-⑮ インカンテーション

今回も大外枠に入ってしまったが、このコース相性はいい。

乗り方一つだが、力はあるだけに人気しなければ狙ってみても面白い。

 

 

 

 

span.author.vcard { display: none; }