3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

チャンピオンズカップが行われる中京ダ1800の特徴

今週のメインチャンピオンズカップについてのデータを紹介していきます(^^♪

今回はチャンピオンズカップが行われる中京ダート1800のコースデータをご紹介!

 

 

ただチャンピオンズカップ自体まだ施行されて4年しか経っておらずさすがにデータが少ないので、中京ダート1800自体のコースデータを紹介していきます!

きっと馬券に役立つと思うので参考にどうぞ(^^♪

 

 

 

 

 

まずは脚質から。

全クラス対象のデータ

 

逃げ 19-6-9-49   勝率 22.9%  複勝率 41.0%

先行 33-44-24-172  勝率 12.1%  複勝率 37.0%

差し 14-23-34-388  勝率 3.1%  複勝率 15.5%

追い 12-5-11-353  勝率 3.1%  複勝率 7.3%

 

 

 

 

枠番については特に差はないようです。

 

 

 

 

次は準OP~GIを対象にしたデータ

 

 

脚質

逃げ 4-3-3-7   勝率 23.5%  複勝率 58.8%

先行 7-8-6-34  勝率 12.7%  複勝率 38.2%

差し 1-3-6-83  勝率 1.1%  複勝率 10.8%

追い 4-2-1-68  勝率 5.3% 複勝率 9.3%

 

 

 

こちらも枠番による差はないようです。

 

 

 

 

 

 

種牡馬で見た場合もどちらもこれがいいという突出したデータがなかったので参考にはできませんでしたが、強いてあげるならばキングカメハメハ産駒が少しだけ有利かな?くらいの感じでした。

 

 

 

 

この対象別データを見ても一目瞭然のように中京ダート1800は逃げ先行馬にとても有利なコースとなっています。

特に先行馬に有利なコースです。

 

 

 

クラスが上がってもこの傾向は継続してでているので逃げ馬の後ろで2~3番手くらいでレースを進めれる馬を買うのが一番的中には近そうです。

 

 

 

過去4年のチャンピオンズカップでは差し追い込み馬の好走が目立っていますが、今回のチャンピオンズカップは逃げたい馬も少ないですし、先行馬も少なく有力馬に差し追い込み馬が多いだけにこのコースの傾向が生きてきそうです。

 

 

 

 

ぜひ馬券検討に役立ててください(^^♪

 

 

 

 

 

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }