3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

キセキが強すぎて涙目… 2018 JC レース回顧

アーモンドアイが世界レコードで駆け抜けたJC。

アーモンドアイの強さにはびっくりしましたが、キセキの強さにもビビりました…

今更ですがJCのレース回顧していきたいと思います。

 

 

 

 

 

勝ったのは断然の支持に応えて快勝したアーモンドアイ。

本当にこの馬は怪物でしたね!

1枠が不安視されていましたが、絶好のスタートから位置を取りにいっての完勝。

1コーナー回った時には勝ったと思いましたね。

おそらくもう国内で走ることはないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

2着に粘ったのはキセキ。

毎日王冠天皇賞秋と先行して好走してきていたので個人的にここはもうお釣りないんじゃないの?と思ってあって3着と予想していたのですが…

前走からの脚質転換に見事成功したようですね!川田騎手の騎乗も完璧でした。

おそらくこれで休養に入ると思うので来年からはまた注目があつまりそうですね!

逃げ馬で強いっていいですね(^^♪

 

 

 

 

 

3着はスワーヴリチャード。

前走の大敗からなんとか巻き返しました。

巻き返したというよりここら辺の馬はもはや流れ込んだ形に近いのでこれをどう評価するかは分かれそうですね。

私的にはあまりいい印象ではなかったのでこの後人気するようなら頭はないかなという感じですね。

 

 

 

 

私の本命だったシュヴァルグランは4着でした。

自信あったんですけどねー。

巷ではもうピークは過ぎたなど言われてましたが、たしかにそれも否めない走りでした

ただ今回は超がつくほどの高速馬場でシュヴァルグランには合っていなかったのもたしか。

ここまで高速馬場になると思わなかったので馬券は買いましたが、これで次走人気が落ちるなら面白いと思います。

 

 

 

次走の有馬記念でラストランの予定ですし、馬場も中山の方が合っているでしょう。

今回も4角で沈みかけながらラストは盛り返していますのでそこまで悲観するほどの内容ではなかったと思います。

有馬記念レイデオロが有力視されていますが、相手筆頭くらいでもいいかも…

 

 

 

 

サトノダイヤモンドはまったくでしたね。

この馬に関しても馬場が合わなかったのと、単純に力が全盛期には程遠いのが敗因でしょう。

これでまた馬のメンタルが落ちなければいいですが…

いずれにせよまだ完全復活には遠そうです(-_-;)

 

 

 

 

 

 

今回のJCは世界レコードがでるほどの超高速馬場でした。

これが馬たちにどれくらい反動がでるのか…

世代屈指の有力馬たちだけに無事を祈るばかりです。

 

 

 

 

 

f:id:h19881863:20181128051211j:plain

 

 

 

 

 

 


競馬ランキング

 

span.author.vcard { display: none; }