3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

エリザベス女王杯出走有力馬についてコメントしていく  2018 エリザベス女王杯

先週はJBC3競走で盛り上がりましたね!

今週は牝馬の芝の頂上決戦「エリザベス女王杯」が行われます。

まだ出走馬も正式に決定していませんが、出走を表明している有力馬たちについてコメントしていきます(^^♪

 

 

 

 

モズカッチャン

昨年のこのレースの優勝馬ですね。

昨年は秋華賞3着から見事にこのレースを勝利で飾りました。今年も昨年と同様M.デムーロ騎手が騎乗するということで人気もすることでしょう。

今年はまだ勝利していませんが、前走の札幌記念ではサングレーザー、マカヒキ相手にタイム差なしの3着と健闘しました。

サングレーザーは天皇賞秋でも2着にきていますからね。ここでももちろん力は通用するでしょう。

 

 

 

ただし抜けているという印象はありませんし、今回は札幌記念から休み明けの1戦になります。

この馬は休み明け成績が悪くはないですが、良いともいえないため不安があるならそこでしょうか…

最近M.デムーロもGIを勝てていないので気合いは十分だと思いますが…

 

 

 

 

 

リスグラシュー

週中の想定では騎手はモレイラ騎手となっております。

前走の府中牝馬Sではディアドラの瞬発力に惜しくも負けてしまいましたが、この馬なりに良い走りでした。

今回は叩き2走目で騎手もモレイラ騎手と絶好の条件での戦いになりそう。

GIでは2着ばかりと少し勝ち味に遅い印象はありますが、今回ばかりは鞍上のマジック炸裂となるか。楽しみです。

 

 

この馬は叩き2走目の成績もよいのですが、個人的には2200は少し長い印象ではあります。

展開次第では頭まであるかもしれませんが基本的には少し厳しいかなと思ってます。

その辺りを騎手がどう乗るのかというところですね…

 

 

 

 

 

ノームコア

おそらく今競馬ファンがもっとも気にするであろうルメール騎手は今回この馬に騎乗予定です。

もはやルメール騎乗というだけで1番人気になりそうな勢いですが…(笑)

前走は紫苑Sに出走して完勝しています。

春も中距離を使われて大きく崩れていませんし、この距離は歓迎模様です。

ハービンジャー産駒ということでこのコースは向いているのではないでしょうか。

 

 

不安点としては1線級と戦ってきていないということ。

ルメール騎手なのでそこそこの競馬はしてくるでしょうが、ここでそれこそ3番人気以内に推されるようなら個人的には印は下げます。

 

 

 

 

 

 

レッドジェノヴァ

今年の最大の上り馬といっていいのではないでしょうか。

夏に連勝してきて前走の京都大賞典でも好内容のレースで2着と善戦しました。

前走の内容からしてもここを勝ち切る力は十分です。

距離も問題ないですし、鞍上も大舞台に強い池添騎手が予定されているのでここは要注目の1頭ですね。

 

 

これといってマイナス点も見当たらないですが、1つ挙げるとしたら輸送だけですね。

ただ北海道への輸送もクリアしていますし、前走も問題なさそうだったので大丈夫だとは思います。

個人的には本命候補の1頭ですね(^^♪

 

 

 

 

カンタービレ

前走の秋華賞では今までの先行策から一転、差してきて3着と好走しました。

鞍上はC.デムーロ騎手を予定されています。

差しても競馬できることが分かったのは収穫でしたが今回はどう乗りますかね。

このコース、距離ともに問題はなさそうでディープインパクト産駒なので1発あっても不思議ではないですね。

 

 

特にマイナス点はないですが、イメージ的には良くも悪くも何か突出してる能力があるというよりは平均的に能力が高いというイメージなので騎手の乗り方ひとつでしょうね。

あとは極端なペースになった場合には頭は少し厳しいでしょう…

 

 

 

 

スマートレイアー

今回は鞍上が武豊騎手に戻る予定なのが心強いですね。

前走の京都大賞典はかかってしまい参考外のレースになりましたが、春のGIは着順こそ悪いですが内容は悪くなかったです。

この馬京都コースは得意としていますし、手の合う武豊騎手も調子が良さそうですからね。

おそらく人気はしないでしょうが、私は本命候補の1頭です(^^♪

 

 

 

 

 

フロンテアクイーン

すっかり善戦マンの印象がついてしまったように思います。

前走もこの馬なりに良い手ごたえできているのですが…

頭は少し厳しいかもしれませんが、馬券内なら十分突っ込んでこれるだけの力はあると思います。

馬券的には押さえておきたい1頭ですね。

 

 

 

クロコスミア

昨年の2着馬ですね。

今年は思うような結果が出せていませんが、昨年は惜しいレースでしたからね。

今年も人気しないでしょうし、内枠でも引けたら面白い存在になりそうです。

騎手は岩田騎手を予定されています。

 

 

 

 

 

 

今年は上位人気に推されそうな馬たちにもマイナス点が見当たることがちらほら。

最近は騎手人気等が激しいため今回は人気馬総崩れの可能性も低くはないのかなという印象です。

枠順も大事になってきそうなメンバーですので枠順発表を楽しみに待ちたいと思います(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 


競馬ランキング

 

span.author.vcard { display: none; }