3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 天皇賞秋 予想

豪華なメンバーがそろった天皇賞秋。

豪華なメンバーに加え展開が読めないため予想はかなり難解になったものの楽しみな1戦になりました。

ここで勝利した馬が今後古馬戦線を引っ張っていくのは間違いないでしょう。

 

 

本当に予想が難しすぎて頭が痛かったですが決めました。

 

 

天皇賞秋の予想は以下の通り

 

 

マカヒキ

レイデオロ

▲サングレーザー

アルアイン

△キセキ

ステファノス

 

 

本命はマカヒキにしました。

 

 

最後の最後までマカヒキレイデオロかサングレーザーで悩んだのですが、正直3頭とも勝つ絵は容易に浮かんできます。

 

決め手は騎手と調教師の自信。

コメントを見る限りかなりの自信を持って臨んでいます。

 

馬自体も前走は完全復活の兆しが見えましたし、復調途上であった昨年のJCなども直線で思うように抜け出せなかったのも敗因の一つだと思います。

そう考えると調子が上がってきている今なら差し切れるのではないか。

 

そして何よりこの勝負服で武豊騎手が東京コースで差し切るところを見たい!という想いで本命にしました。

期待します(^^♪

 

 

 

対抗はレイデオロ

やはり強敵はこの馬ですね。中間アクシデントがあったようなので本命にするかどうか悩んでましたが、アクシデント自体は問題なさそうですね。

 

 

ただレイデオロはスローペースになった場合に少し不安が残るのでそこだけが唯一不安点でした。

ルメール騎手の勢いもありますからね。その辺はカバーしてくるとは思いますが。

 

 

 

単穴はサングレーザー。

この馬は逆にスローペースになった場合の方が好走できるでしょう。

鞍上のモレイラ騎手もそろそろ日本のGⅠを勝っておきたいところでしょう。

 

 

調子も絶好調に仕上がっているみたいなので、あとは展開と仕掛けのタイミング次第ですかね。

モレイラ騎手のマジックに期待です。

 

 

3着候補には先行馬たちを入れました。

 

 

 

人気のスワーヴリチャードは今回はバッサリいきました。

理由としては休み明け+前走マイルGⅠ出走。内枠。

 

 

前走なぜマイルを使ったのか不明ですが、そこが敗因になるのではないかと思います。

そして内枠なのもこの馬にしてみればあまり歓迎できるものではなかったでしょう。

ましてや今回は1番人気になりそうですからね。

 

 

直線抜け出せないか仕掛けがワンテンポ遅れるかする可能性も高そうです。

それに少し抜けた1番人気になっていますが、他馬との力差がそこまであるとは思えません。

 

きっと大阪杯の勝ち方が印象に残っているのでしょうが…

 

 

当日はマカヒキ単勝とダービー馬馬連を握りしめて応援したいと思います(^^♪

 

 

 

 

 

 

↓↓応援クリックお願いします。

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }