3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 天皇賞秋 枠順確定したことだし展開妄想してみる

ついに天皇賞秋の枠順が確定しましたね!

人気しそうなスワーヴリチャード、レイデオロはそろって4枠に入りました。

もともと出走頭数自体少なかったのでそこまで影響はなかったかもしれないですが、人気馬は概ね良い枠に入ったのではないでしょうか。

 

 

そこで早速予想していきたいのですが…

 

 

今回はこれといった逃げ馬が見当たらず、さらに先行馬の中でも逃げても力が発揮できそうな馬がこれといっていないので展開の予想が難しいですね(;'∀')

 

 

展開が予想できないとなると馬券予想自体困難になってくるので、

 

 

個人的なイメージ満載で展開を妄想していきたいと思います。

(最終的な天皇賞秋の予想はまた別の記事で書きます。)

 

 

 

まず前提として

 

 

巷ではアルアインが逃げるのではないかと言われているようですが、個人的にはアルアインは前に馬がいないと力が発揮できないタイプの先行馬だと思っているので、よほどのことがない限り逃げないと思っています。

キセキについても同様です。

 

 

それでは展開妄想していきます。

 

 

パターン1

今回は豪華なメンバーに混ざってブラックムーン、アクションスターと近走冴えない成績の馬たちも出走してきています。

日本ではラビット(レースを作るために出走してくる逃げ馬)が禁止されているため、公にはでませんが、

 

今回はこの馬のどちらかが逃げるのではないかと思っています。

ペースメーカー的な役割で。

 

この2頭のどちらかが逃げて平均的なペースになる。

 

そうなった場合2番手グループにキセキ、アルアイン

その後ろにステファノス、ダンビュライト。

 

 

その後ろくらいにレイデオロとスワーヴリチャード。

で、それを見るようにマカヒキ、サングレーザー、ヴィブロス

 

 

こんな形ですかね。

 

 

そして4角回るくらいで少し早めにスワーヴリチャードが前を射程圏内に入れにかかり、それをレイデオロが追いかける。その後ろにサングレーザー。

大外からマカヒキ

 

 

ラスト200

 

 

先頭はスワーヴリチャード

 

 

それをレイデオロがかわそうとして

 

 

そのレイデオロの後ろをピッタリ追走し、最後だけ一瞬の脚で抜け出そうと構えるサングレーザーとモレイラ。

 

大外からは豪脚一閃マカヒキ

 

 

 

と、こんな感じですかねパターン1は。

 

展開妄想なので着順までは書きません。

 

 

 

この展開が一番しっくり来るかなと思いますが、次のパターン行ってみましょう。

 

 

パターン2

大方の予想通りスローペースになった場合。

 

戦前では大方スローペースの予想ですね。今回はどの馬が逃げるかは分かりませんが、スローペースになった場合の妄想。

 

 

スローペースになった場合やはりスワーヴリチャードが4角回った時点で先頭に躍り出る勢いでくると思います。

スワーヴリチャードは休み明けで、なおかつ前走は好タイム決着だった安田記念で3着。その影響でやはりかかってしまうのではという懸念があり、そうなった場合デムーロ騎手の場合強気にまくっていくことでしょう。

 

そうなった場合、今回の天皇賞秋では大阪杯のようにはいかないでしょう。

この展開になるとスワーヴリチャードの頭はなさそうです。

 

 

つまり私的には今の大方の予想通りのスローペースになった場合スワーヴリチャードの頭はないと踏んでいます。

スワーヴリチャードが1着で来るには平均ペースで流れることが条件なのかなと思います。今回に関しては。

 

 

パターン的にはこの2パターンどちらかしか思いつきませんでした。

個人的にはダンビュライトの戸崎騎手辺りが逃げを打ったら面白いと思うのですが、まあ逃げないでしょうね。

 

キセキも逃げたら頭はないと思うので、騎手がどう乗るのか。

でも仮に逃げたら3着くらいはあると思います。

 

 

サングレーザーは距離不安はないでしょう。

ただ、持ち味は一瞬の切れ脚だと思うので最後の最後まで他の馬の後ろに隠れていて最後だけ抜け出す形じゃないと頭は厳しいかなという印象です。

 

 

マカヒキに関しては追い出すタイミングのみですね。

名手に期待しましょう。

思った通りの乗り方ができれば頭まであると思います。

 

 

 

 

 

↓↓応援クリックお願いします。

 

 

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }