3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

池添の自信よ何処へ… 菊花賞レース回顧

2018年の菊花賞も終わりましたね。

優勝したのはフィエールマンで、今年の牡馬クラシックはエポカドーロ、ワグネリアン、フィエールマンの3頭で分けあう形になりました。

 

 

個人的には馬券2点勝負でフィエールマンの単勝も買っていたのでプラスにできたので良かったですが、

www.3f-keiba.net

 

 

本線はエポカドーロとブラストワンピースの馬連でしたので、その2頭にはがっかりしております。

 

 

まずなんといってもブラストワンピース。

前走の新潟記念のレースぶり、そして池添騎手のレース前の半端ない自信を見てもう少し強いかと思ったのですが…

 

 

たしかに馬体を見る限り長距離向きではなさそうだったのですが、それでも能力があれば力でねじ伏せることができるのが菊花賞の特徴。

池添騎手は力でねじ伏せようという騎乗ぶりでしたが、まだまだ馬がそこまでのレベルに達していなかったようです。

 

 

少し期待しすぎましたね。

ですが、まだまだ強くなると思うのでしっかり休んで次に備えてほしいと思います。

 

 

エポカドーロに関しては展開が向かなかったですね。

ジェネラーレウーノと共にこの展開では残れません。どこのサイトでも言われてますが、もう少し早仕掛けしてどこまで粘れるかというレースが見たかったですね。

 

まああと距離も長かったのでしょう。

完敗ですね。

 

 

フィエールマンに関してはまずは鞍上のルメール騎手の騎乗技術が素晴らしかった。

しかしそれに応えた馬の力も見事でした。やはり前走の差し脚は本物でしたね。

この馬体質が弱く、レース選択が難しいようですが来年以降も期待できそうです。

 

 

他の馬で気になるところではタイムフライヤーなんかはまだまだやれそうですね。

個人的にはもう終わったと思ってたんですが(^^;

 

 

今回のレースを見る限りGⅢくらいなら勝ち負けできそうです。理想は重い馬場の中長距離の重賞ですかね。

次走に期待します。

 

 

 

最後に3着に好走したユーキャンスマイルは印こそつけませんでしたが、お母さんがムードインディゴということで息子も見事に激走しましたね。

ムードインディゴ秋華賞で人気薄で激走しましたもんね!

その辺りにやはり競馬の血統の面白さを感じてしまいます(^^♪

 

 

 

↓↓応援クリックお願いします♪

 


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }