3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

枠順確定前での天皇賞秋  重賞展望

今週からは有馬記念に向けたG1ロードが開幕しますね!

そこで今回は枠順確定前ですが、出走する有力馬についてなど展望を行っていきます。

出走頭数はフルゲートにこそなりませんでしたが、G1馬が多数出走する豪華なメンバーになりました。

(ディアドラは正式に回避が決まったようです)

 

 

まず1番人気になりそうなのが、スワーヴリチャード

前走の安田記念は3着と敗れてしまいましたが、それでも東京コースでは馬券内を外したことはなく安定して走っています。

鞍上も主戦騎手のデムーロ騎手に戻るようですし、春の大阪杯に続き2000mのGⅠ春秋制覇となるのでしょうか。

 

 

ただ個人的には軸にはしない予定です。

大阪杯デムーロ騎手の好判断でまくりきったという印象ですし、今回の天皇賞秋もスローペースが予測されるため、仮に大阪杯のような乗り方をしても東京コースでは勝ちきれないかなという印象です。

 

 

 

次に人気しそうなのがレイデオロ

こちらには絶好調のルメール騎手が騎乗予定。

昨年もJCなどで好走しており能力は文句なしでしょう。ただし今回は中間にアクシデントがあったが気になります。

問題はないとのことでしたが、やはりGⅠともなると少しでも順調さが欠けると頭まではどうかという感じになりますね。

 

 

ましてや調教師のイメージ的にも記者たちには大丈夫といっても馬には無理をさせなさそうな印象なので、記事をうのみにはできません。

なのでレイデオロも軸にはしづらいです。

 

 

 

おそらくこの2頭で人気を分け合うのではないかと思いますが、先にも書いた通り今の時点で私の本命候補は上記2頭ではありません。

というか軸にはしません。

 

 

以下、私の個人的な注目馬と見解を書いていきます。

 

マカヒキ

昨年も惨敗はしておらず、今年は休み明けの札幌記念を叩いての参戦。

その前走は久々にマカヒキらしさが見えたレースだった。2着には負けたものの直線の短い札幌でこの競馬ができれば今回も楽しみの方が大きい。

鞍上は武豊騎手が予定しているが、武豊騎手も今秋はGⅠでの好騎乗が目立つ。

今回は期待できるのでは。

 

 

 

 

サングレーザー

春の大目標安田記念では負けてしまったが、前走の札幌記念ではマカヒキを抑えて優勝。

レースぶりを見る限り2000mまでは全然問題なさそう。

鞍上もモレイラ騎手で言うことなし。

モレイラ騎手からしたらそろそろ日本でもGⅠを取っておきたいところでしょう。今回が絶好のチャンスな気もする。

 

 

 

 

アルアイン

皐月賞以来勝ち星に見放されているが、安定して走っている。

今回は北村友一騎手が予定されている。逃げそうな馬がいない今回の天皇賞秋、巷ではこの馬が逃げるのではとの声も聞こえるが、個人的にはこの馬は逃げたら弱いタイプの先行馬だと思っているので逃げるのだけはやめてほしい。

ましてやこの騎手では逃げきれないよ…

 

 

 

 

ミッキーロケット

今年の宝塚記念の勝ち馬だがおそらく今回は人気しないだろう。

宝塚記念自体大荒れの結果だったし、今回のメンバーなら仕方ないかもしれないけども穴ならこの馬かなという気がする。

軸にはできないけど相手には絶対入れておきたい。

 

 

 

キセキ

前走も期待して見ていたが、やはりこれくらいの距離がベストだと思う。

もはや2400mもギリ長いと思っているので激走するなら今回かなという印象。

左回り成績もよく、鞍上も川田騎手なら下手な騎乗はしないだろう。なんなら逃げても面白いと思う。

内枠に入ったら重い印もあるかも…

 

 

 

ヴィブロスは距離、コースは問題なさそうだがこのメンバーに入ってどうか。

まだしっかり予想していないので何ともいえないが、枠順次第かなといった感じ。

 

 

ステファノスは軸にはしないけど、大穴あける力はある。

相手には絶対入れた方がいい。

 

 

 

 

↓↓応援クリックお願いします。

 

 

 


競馬ランキング

 

span.author.vcard { display: none; }