3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 菊花賞  予想

ついに3冠ロード最終戦菊花賞ですね!

ダービー馬ワグネリアン不在のためエポカドーロの2冠達成なのかそれとも最後の1冠をエポカドーロ以外の馬がもぎ取るのか注目の1戦です。

 

さらに今年の菊花賞は例年よりもレベルが高く、出馬表を見る限りかなり混戦模様となっております。

例年であればクラシックを戦ってきた馬たちに人気が集中するのですが、今年は1000万、準OPを勝利もしくは好走してきた馬たちが多く出走してくるため人気もかなり割れたオッズになっています。

馬券的にも面白い1戦になりそうですね。

 

 

まずは人気馬の講評から。

 

 

 

ブラストワンピース

この記事を書いている前日21時の時点で単勝1番人気に押されています。

前走はGⅢながら古馬重賞を圧巻の内容で快勝してきており、鞍上の池添騎手も絶対の自信をにおわせているだけに1番人気になるのも納得です。

血統的には父がハービンジャーなので京都の長距離は走れると思いますが、何分馬体が500㌔を超える雄大な馬体ですのでその辺りがどうかなという懸念材料はあります。

 

 

しかし、生涯で唯一負けたダービーも敗因は力負けではないですし最後は詰めてきているので勝ち負けできる器だとは思います。

 

 

 

エタリオウ

前走の神戸新聞杯では最後方から追い込んで2着と惜しい競馬でした。

重賞では2度2着にきているように重賞でも戦える能力はあるようです。

鞍上もデムーロ騎手ということでその分人気になっていることもあるでしょう。

この馬のウィークポイントを挙げるとすると脚質的に展開に左右されてしまうという点と、生涯まだ1勝しかできていないという点ではないでしょうか。

 

 

つまり勝ちきれない、勝ち味に遅いということです。

勝ち味に遅い馬というのは不思議と毎回何かに足元をすくわれるものです。

ましてやこの脚質なので個人的には単勝系馬券は買えないと思っています。

 

 

 

 

 

エポカドーロ

2冠のチャンスがあるのは皐月賞馬のこの馬のみ。

前走の神戸新聞杯ではスタートでつまづいてしまい、持ち前の先行力が生かせませんでした。

しかし差してきて4着まできた辺りはさすが皐月賞馬といったところ。能力は間違いないと思います。

 

この馬に関してはやはり先行してなんぼという感じだと思いますが、今年の菊花賞は先行できる有力馬が多く展開的にどうなるのか読めないところが難しいですね。

陣営的には逃げるのがいいといった感じでしたが、先行馬たちがほぼ内枠に入ってしまいましたからね。ここは騎手の腕の見せ所でしょうか。

 

 

ただ皐月賞馬のこの馬が前日オッズで3番人気なのはおいしいと思います。

当日変化があるかもしれませんが、上位2頭もかなり売れているのでおそらくもう1番人気まで押されることはないでしょう。

 

 

 

ジェネラーレウーノ

前走のセントライト記念では持ち前の先行力で完勝してきました。

この馬の先行力と鞍上の田辺騎手の思い切った騎乗は本当に脅威の存在ですね。

ただこの馬はこれまで関東でしか競馬をしたことがないため今回が初の輸送になります。

あとはやはりタイプ的にも軽い芝より重い芝、パワーのいる馬場の方が向いていると思うので京都競馬場の馬場がこの馬に合うのかどうか。そこをどう乗りこなすのか騎手に注目がかかります。

 

 

 

 

前日オッズの段階では上記4頭が10倍を切るオッズになっています。

正直レース展開を予想するにも何パターンもの展開が考えられるのでかなり予想が難解です。

あとは近年の菊花賞は長距離適性がなくても力が抜けている馬が勝って、長距離適性がある馬が人気に関係なく馬券内に突っ込んでくるというパターンが多くみられるためその辺りを考慮して予想に臨みました。

 

 

私の予想はこのようになりました。

エポカドーロ

〇ブラストワンピース

▲フィエールマン

△グロンディオーズ

△エタリオウ

△グレイル

△ジェネラーレウーノ

△メイショウテッコン

 

 

 

 

本命はエポカドーロでいくことにします。

皐月賞馬ですし、前走の先行できなくても差してこれたところを見て菊花賞はこの馬だと思っていました。

仮に逃げれなくても競馬ができますし、ある程度の展開であれば対応できる位置につけれると思うので大丈夫でしょう。

 

 

対抗はブラストワンピース。

前走の競馬は圧巻でしたね。前走は後方からの競馬になりましたが、おそらく今回はある程度前目の位置にいくのではと思います。

毎日杯では内をついて先行抜け出しで快勝してますからその経験が今回生きてくるのではないかと思っています。

 

 

フィエールマンに関しては能力は未知数ですが、可能性はかなり感じる馬です。

今回鞍上がルメール騎手に乗り替わっているのも大きくプラスに働くでしょう。前走の末脚を見る限りではこのメンバーに入っても遜色ないですね。期待します。

 

 

結果的に上位人気の馬に印をうつ形になってしまいましたが、馬券的にはエポカドーロとブラストワンピースの馬連1点勝負を本線で買いたいと思ってます。

あとはフィエールマンの単勝馬券。

馬券的にはその2点のみ購入する予定です。

 

 

印はつけましたが、3連系の馬券まで買うとなると点数がかなり増えていきますし一応印はつけましたが正直3着候補はかなり難解で印をつけた馬たち以外にも可能性のある馬がいるため買えません。

 

 

難解の菊花賞。結果は果たして。

 

 

楽しみな1戦になりそうです(^^♪

 

 

 

 

 

 ↓↓ 応援クリックお願いします(^^♪


競馬ランキング

span.author.vcard { display: none; }