3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 府中牝馬S 予想

今日はエリザベス女王杯に向けた前哨戦、府中牝馬Sが行われますね!

 

ディアドラやリスグラシューなど牝馬重賞常連の馬や今年のヴィクトリアM勝ち馬のジュールポレールも出走するなかなかのメンツがそろいました。

 

 

その分オッズもうまい具合に割れているので面白い1戦になりそうです。

 

 

1番人気はディアドラのようですが、前走も鮮やかに抜け出しており今回も注目の存在になってますね。

距離も問題なさそうですし、今回も馬券内にくる確率は高そうです。

 

リスグラシューに関してもコース・距離ともに問題なく、騎手もデムーロ騎手ということで万全の態勢で臨んできます。

唯一不安があるとすれば勝ち味に遅い点だけでしょう。頭で買うのは少しためらいますね。軸としては文句なしでしょう。

 

ソウルスターリングも人気になっていますが、逆にこちらは人気ほど信頼できません。

前走久々に好走しましたが、展開的に向いただけでもはや全盛期の力はないでしょう。

 

予想は

◎フロンティアクイーン

〇ディアドラ

リスグラシュー

△ジュールポレール

 

このようにしました。

フロンティアクイーンは完全にシルバーコレクターと化していますが、安定して結果を残しているのは事実です。

この馬も勝ち味に遅い点がありますが、これくらい人気が落ちれば買い時でしょう。

 

逆に次走出走するであろうエリザベス女王杯では舞台が合わないから買えないと判断しているので人気も落ちて買うならここかなと思います。

 

相手は人気どころで仕方ないでしょう。

あと気になるところではミスパンテールがどこまで走れるかに注目しています。

個人的には東京コースが向いていない気がするのでその辺りが気になりますね。

 

span.author.vcard { display: none; }