3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

競馬に絶対はある・・・の?

明日は秋華賞が行われます。

そして2018年今年の秋華賞牝馬3冠がかかっている馬がいる。

 

そう

 

アーモンドアイ。

 

鞍上も目下リーディング爆走中、JRA900勝を重賞で達成と絶好調のルメール騎手。

 

前日オッズは単勝1.1倍。

 

激熱すぎる。

 

休み明けも気にしないし、位置取りも差し脚質だけどけっこう前目からでも競馬できる。

 

死角という死角が見当たらねぇ…

 

 

というより死角なんてないよね。たぶん。

 

 

力の差は歴然。ほかに勝負できる馬なんているんだろうか…

 

 

でも競馬をやっているとこんな言葉を耳にすることがある。

 

「競馬に絶対はない」

 

競馬をやっているなら一度は聴いたことがあるだろう。

 

 

たしかに思い起こしてみればメイショウサムソンも3冠目で惨敗した

 

あのブエナビスタでさえも3冠目で負けた

 

3冠でなくてもオルフェーヴル天皇賞春なんか壮大にみんなの期待を裏切った

俺も裏切られた…

 

 

そう、競馬に絶対はない。

そんな気がしてきた。

 

 

でももっとよくよく考えるとそうやって絶大な人気を背負いながらぶっ飛んだ馬たちには原因があるのではないか…?

 

メイショウサムソンは言っては悪いが騎手が2流だった。

もちろんダービー騎手になった騎手に2流は失礼なのは承知だが、私にしてみれば2流だ。

 

ブエナビスタに関してはブエナがどう、騎手が云々というよりレッドディザイアというライバルがいた。

強力なライバルが。

 

 

オルフェーヴル天皇賞春の前走、阪神大賞典で伝説的な走りをした。

逸走からの盛り返し。

 

まじでびびったよね。

 

でもそのせいで再審査になって、合格したものの天皇賞春当日は今までつけたことのない馬具を装着して走った。そして飛んだ。

 

そう考えるとやっぱり飛ぶにはなにかしらの原因があるのかもしれない。

 

 

アーモンドアイにそのような飛ぶ可能性を探してみる。

 

まず騎手は問題なし。

 

ライバル…

 

ライバルもいないようだ。ラッキーライラックは完全に勝負付けは済んでいる。どうのったってアーモンドアイには勝てないと思う。

 

そのほかにしてもアーモンドアイと走ったことがある馬たちに逆転は難しいだろう。

 

あるとしたらまだアーモンドアイと戦ったことがない馬たちだが、まあ真っ向勝負で勝てそうな馬はいない。

 

 

先にも書いたがアーモンドアイは休み明けも苦にしない。

距離もオークスより短いとなればより力が発揮されるはず。

 

 

アーモンドアイには絶対があるのか…

 

 

そう思わざるをえない。

 

 

よりによってデムーロ騎手はなぜその馬なのか。

もっとローズS上位馬とかに乗ってくれていればまだ検討しがいがあった。

 

唯一期待できそうなのはサラキア、ミッキーチャームに成長を見込んでプリモシーンあたりか。

 

馬券的に面白そうな馬はまだいるが、万が一逆転できるとしたらこの辺りだろう。

 

でも普通に考えてアーモンドアイの勝つ確率は95%はある。

 

あとの5%で残りの騎手が何を考え、どう乗るのか。

 

 

競馬に絶対はあるんだろうか。

 

もう一晩じっくり考えたい。

 

span.author.vcard { display: none; }