3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 サウジアラビアRC・毎日王冠 レース回顧

今回はサウジアラビアRCと毎日王冠合わせてレース回顧していきたいと思います。

 

まずはサウジアラビアRC。

ここは1番人気のグランアレグリアが強かったですねー。

 

スタート出遅れもなんのその。

直線向いてからも終始馬なりでしたね。次走ももちろん楽しみな馬です。

言うことなし!

 

ただ今回は相手がどうにも弱かったのもあると思います。

2着のドゴール、3着のアマーティにしろ次走人気したら疑ってみた方がいいかもしれません。

 

 

なのでサウジアラビアRCからの次走注目馬は

 

☆グランアレグリア

 

のみです。

 

 

毎日王冠レース回顧

勝ったアエロリットはモレイラ騎手の騎乗も見事でしたが、馬もしぶとかったですね。

1番人気に見事に応えた形。

 

次走どこに出走してくるかわかりませんが、この走りなら天皇賞秋に出走してきても面白いと思います。

 

2着のステルヴィオは完全前残りの展開を差してきての2着。

1頭だけすごい脚でしたね。ルメール騎手が2000まで大丈夫と言っている通り距離はもう少しあってもいけそうです。

 

このあとは天皇賞秋→マイルCSだったら面白そうですね。

いずれにしろ次走注目ですが、仕掛けどころが難しそうな馬なので次走鞍上が外人騎手以外だったら少し期待度が落ちるかなという印象です。

 

その他次走以降注目なのが、キセキとステファノス

 

キセキは個人的に期待していた通り、人気以上の走りを見せてくれました。

今後GIを取れるかは微妙なところですが、これくらいの距離ならまだまだ1線級の馬たちと勝負できそうです。

 

ステファノスも同様で、今回は惜しくも4着でしたが、先行したらまだまだGIでも馬券内に突っ込んでくることはできそうです。

 

 

逆に残念だったのがサトノアーサー。

もう少し走れるかと思いましたが…

 

鞍上の戸崎騎手は「休み明けの分なのか反応がイマイチだった」とコメントしていましたが、そもそもこの馬鉄砲実績十分なのでそのコメントは信憑性に欠けます。

 

実際レースを見ても最後の直線肝心のエンジンをかけたいところで詰まってますし、もう1戦くらいは期待して様子見したいと思います。

 

 

 

 

span.author.vcard { display: none; }