3Fからの逆襲

目指せ馬券生活

2018 京都大賞典 予想

昨日の毎日王冠はアエロリットの完勝でしたね!

次走どこに出てくるのかわからないのですが、天皇賞秋にでてきても面白いと思います。

 

 

今回はもう一つの前哨戦「京都大賞典」の予想を行っていきます。

 

 

人気はサトノダイヤモンドシュヴァルグランで分け合っているようですが、今回は何といってもサトノダイヤモンドの復活なるかというところが焦点でしょう。

 

有馬記念を勝って以降チグハグナ競馬が続いており、春の成績も振るわなかったですよね。

 

また騎手がルメール騎手ではない点が今回は懸念材料です。

春にルメール騎手騎乗でもイマイチだった成績を見ると今回は頭で信頼できるかというのは少し酷な話。

 

メンツ的には能力の絶対値は抜けているものの今の状況では軸には据えれないというのが私の結論です。

 

 

一方のシュヴァルグランは近走も安定しており、惨敗した大阪杯も敗因はつかめているので度外視。

2400~の距離ならば安定して走れる強さを持っています。

 

能力を出し切ればサトノダイヤモンドに張れるほどの力を持っているのでこちらが1番人気になるのは納得です。

 

 

ちなみに私の予想ですが、

◎⑨スマートレイアー

〇⑧シュヴァルグラン

△②サトノダイヤモンド

 

このようにしました。

 

本命は⑨スマートレイアー

現在人気があまりないですが、この馬GI勝ちこそないものの京都コースでは安定して走ります。

GⅡまでなら頭まで期待できる馬でしょう。

 

唯一の不安は騎乗する浜中騎手ですが、人気もないですし大外ぶん回してくれても馬券内には突っ込んでこれると思います。

 

 

人気しているウインテンダネスは休み明け成績が乏しいのが不安なのと先に挙げた3頭に割って入るイメージが沸かないです。

 

アルバートに関しては京都でこの距離では信頼できないでしょう。

完全に鞍上人気ですね。

 

レッドジェノヴァは気になるところですが、果たしてGⅡでも好走できるほどの力があるのか。

私には疑問が残ります。

ここで5~6着くらいで、次走エリザベス女王杯で激走パターンかなという気がしてます。

 

 

今回本命にはしてませんが、サトノダイヤモンドがどのような走りをするのかにはかなり注目しています。

 

 

 

span.author.vcard { display: none; }